お金をかけないで行う育毛法

髪の毛のことで悩んでいる人というのはたくさんいると思うのですが、当サイトではそんな人を対象に自宅で行うことができる育毛法を紹介しています。

育毛や発毛というと、一番最初に思いつくものが育毛剤とか育毛シャンップー、サプリメントなんかではないでしょうかね。

ですが、

そういったものを利用して本当にちゃんとした効果が得られるかどうかってことは非常に怪しい部分がありますよね。

それを証拠に、育毛剤なんかは次から次へと新しい商品が発売されていますよね。本当に効果があるものであれば、同じ銘柄、同じ会社で作られたものがリピートで売れていくはずですが、この業界を見ると次から次へと新しい商品が出ては消え、出ては消え、というサイクルを繰り返しているのです。

裏を返せばそれって、思ったような効果が得られないからなんじゃないの?と個人的には思ってしまいます。

とにかくお金がかかって仕方ないのが、市販の商品を使用すること。

このシアトではお金をなるべくかけずに自宅で行える育毛法を公開しています。

頭皮が脂ぎっている人は小豆茶を飲むといいですよ!

あまり聞いたことがないかもしれませんが、小豆茶って知っていますか?

・・・

「小豆?小豆ってあの小豆バーにはいっているアレ?」

と不思議に思っている人も多いかもしれませんが、そうです、あのあずきです。その小豆をお茶として飲むことは健康な髪を作るうえで非常に効果があるのです。

とにかく今の現代人というのは変色になってしまっている傾向がありますよね。油や肉などが含まれたジャンクフードや加工食品は若い人を中心に人気がありますが、そういった食生活を続けていると血管の中を流れる血液の質が悪くなってしまうのです。

血液の流れが悪くなれば当然ながら頭皮の血行が悪くなる脱毛、薄毛の原因になってしまいます。

日常に油、脂肪の摂取による血液の流れが悪くなってしまっている人にオススなのが小豆なのです。小豆は血液、脂質の質をよくして血液循環をよくする作用がありますからね。昔から生薬として広く使用されてきたのですよ。

循環器の働きをよくする効果があるのともう一つ髪の毛にいいのが、小豆には非常に高い利尿作用があるということ。利尿作用とは体内の余分な老廃物や栄養素を体の外に排出する作用のこと。

この小豆茶を飲むことで、血流が悪くなっていた頭皮の毛細血管に栄養素をしっかりと行き届かせることができ食生活の偏りによってギトギトと脂ぎった頭皮の皮脂分泌を抑える作用があるのです。

この小豆茶の作り方ですが、あまり馴染がないかもしれませんが、とっても簡単なのです。

まず、最初に市販で販売されている小豆を水洗いして、一晩水につけておきます。

そしてなべで30分くらい煮るのです。弱火でコトコトと煮るのがポイントです。途中でアクが出てくるのですが、ここでポイント!このアクを摂らないでください。

あくに栄養素がたくさん含まれていますので、せっかく小豆から出た栄養素を捨ててしまうことになります。

そうやって30分くらい煮たら、それを茶コシでこして出来上がり!

どうですか?
すごく簡単じゃないですか?

こうやってできた小豆茶を毎日250mlくらい飲むように心がけてみてください。大好きな肉料理やジャンクフードを止められないという人でもこの小豆茶を毎日飲むだけで、悪くなっていた血流が驚くほど改善されるようになります。

血流が改善されれば当然ながら栄養があまり行き届かなかった髪を作る毛根の細胞にも栄養素が行き届き、弱弱しかった髪も生き返りますよ!
    

更新履歴

ルイボス茶の抗酸化作用について
エビネエキスが育毛に効果大!
イチョウ養毛水の血行促進作用
アロエが髪に効く!?